【速報】日本情報局 | 最新情報 口コミ情報

日本情報局では、「日本」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 左翼 」 一覧

no image

西武・十亀、粘りの7回8安打無失点「自分の仕事ができたと思う」

西武は先発・十亀が粘りに粘り、7回で8安打を浴びながらも無失点。しかしチームを勝利に導くことはできなかった。 前回登板でノーヒットノーランを達成した千賀との投げ合い。初回1死二塁でグラシアルに左前打を浴びたが、左翼・金子侑からの好返球で二塁走者はアウトになっ ……

no image

広島堂林サヨナラ打 2軍で苦しむも愛娘生まれ力に

広島が堂林翔太内野手(28)が同点の9回に左翼へサヨナラ打を放ち、チームを3カード連続勝ち越しに導いた。今季2度の2軍降格を味わうなど苦しいシーズンを送るが、途中出場で大きな仕事をやってのけた。7日に第三子を授かったばかりのパパが、グラウンドで結果を残した。…

no image

原監督、ソトに3被弾「バッテリーコーチに言って」

マジック9の巨人は、DeNAソトに3本塁打を許すなど14被安打10失点で敗れた。 中堅、左翼、右翼と3方向にたたき込まれ、今季の対ソトは11本塁打28打点、長打率7割4厘。警戒を高める中で抑え切れず、原監督は「そういう中でも、というところですね」と言い、11本塁打には「 ……

no image

大谷58打席ぶり本塁打「久しぶりだなと」一問一答

ホワイトソックス7-8エンゼルス>◇7日(日本時間8日)◇ギャランティードレートフィールド. エンゼルス大谷翔平投手(25)が、今季初の4番でメジャー自己最多の1試合5打点を挙げ、チームの2連勝に貢献した。 1回の第1打席で左翼線へ2点適時二塁打、3回の第2打席で左翼 ……

no image

広島、今永に今季5度目の敗戦 4位阪神と2差に 長野は2番で存在感

広島は1日のDeNA戦で2―3と惜敗した。相手先発の今永には今季6度目の対戦で5勝目を献上。「2番・左翼」で先発した長野久義外野手(34)が2安打と存在感を示すなど2点を先行するも、あと一歩届かなかった。2位・DeNAに3・5ゲーム差と後退し、4位・阪神には2差に迫られ ……

no image

阪神・中谷、代打V弾 3カ月ぶり一発が千金アーチ「結果にこだわった」

阪神は、31日の巨人戦に4―2で勝利して連敗を3で止めた。中谷将大外野手(26)が、同点の7回2死から左翼へ今季6号ソロ。5月30日以来の93日ぶり甲子園でのG倒に、今季最多4万6788人も酔いしれた。逆転CS進出へ3位広島との3ゲーム差は変わらなかったが、 ……

no image

巨人吉川尚輝3軍交流戦で復帰 左翼で好守も

腰痛でファーム調整中の巨人吉川尚輝内野手(24)が、川崎市のジャイアンツ球場で行われた中央学院大との3軍交流戦で「9番左翼」で実戦復帰した。 本職は二塁だが、腰への負担を考慮し、左翼で出場。1回には左翼線への飛球に俊足を飛ばし、ランニングキャッチした。…

no image

広島・長野 23日中日戦でついに昇格 復帰即「6番・左翼」先発あるぞ!

広島・長野久義外野手(34)が、23日の中日戦から昇格することが内定した。緒方監督は「明日から合流予定」と言及。初戦の先発は左腕のロメロで「6番・左翼」での先発が浮上した。 今季は打率・208、2本塁打、7打点と不振から抜け出せずに、7月3日に登録抹消。約1カ月半の ……

no image

履正社が関東第一下し初4強入り 準決勝は明石商戦

履正社が初の準決勝進出を果たした。 関東第一は初回、履正社の先発清水大成投手(3年)に対し、1死一、二塁から平泉遼馬内野手(3年)が左翼へ先制3ランを放ち3点をリードした。 履正社はその裏、先発の谷幸之助投手(3年)に対し、先頭打者の桃谷惟吹外野手(3年)が右 ……

no image

星稜猛打で24年ぶり4強、先発荻原好投で奥川温存

星稜(石川)は1995年に準優勝して以来の4強進出を決めた。 星稜は2回、仙台育英の1年生バッテリーを攻め、1死満塁から東林航介外野手(3年)の右前適時打で先制。さらに満塁から今井秀輔外野手(2年)が、仙台育英先発の伊藤樹投手(1年)から左翼へ満塁本塁打を ……