【速報】日本情報局 | 最新情報 口コミ情報

日本情報局では、「日本」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 死球 」 一覧

no image

仙台育英8強、敦賀気比はサイクル男杉田が悪夢交代

仙台育英(宮城)が2年ぶり5度目のベスト8進出を決めた。 1回、敦賀気比がアクシデントに見舞われた。2死走者なしの場面で、13日の国学院久我山(西東京)戦でサイクル安打を達成した杉田翔太郎内野手(3年)が頭部に死球を受け途中交代。甲子園は一時騒然とした。…

no image

オリゃ~レオなめとんか!3死球で大乱闘警告試合…踏んだり蹴ったりオマケに大敗

パ・リーグ、西武11-4オリックス、19回戦、西武12勝7敗、13日、メットライフ)大荒れとなった。今季オリックスナインが死球を受け続けてきた西武戦で、この日も4死球。さすがに堪忍袋の緒が切れた。しかも当てられた側にもかかわらず、2人の退場者が出る事態…。西村監督 ……

no image

死球退場の田嶋「報復ではない。内角を攻めた結果」

オリックスは両チームで退場者3人が出る壮絶な戦いに敗れ、3連敗を喫した。 1-5の4回2死満塁。若月が森脇からこの試合3個目の死球をぶつけられ、一塁コーチの佐竹外野守備走塁コーチが森脇に駆け寄り、両手で胸を突き飛ばした。これをゴングに両軍が入り乱れて ……

no image

西武先発の斉藤大 チームの連続初回失点止めた「腕を振ってアウト取れた」

昨年10月6日のソフトバンク戦以来、プロ入り2度目の先発となった西武・斉藤大は3回44球、2安打1失点で降板した。 初回に先頭・福田にいきなり死球。1死後に吉田正を遊ゴロ併殺打にしとめてピンチをしのいだが、2回にはロメロに一発を浴びた。 前日まで投手陣は10試合 ……

no image

要所抑えて10勝目=高橋礼、初の2桁勝利-プロ野球・ソフトバンク

ピンチを切り抜け、2年目で初の10勝目に到達。ソフトバンクの高橋礼は「自分の自信には通じる」と控えめに喜んだ。 二回には先頭の安打や死球などで無死満塁とされた。打席にはウィーラー。「足自体はそんなに速くない。まずはアウト1個」と考え、冷静に勝負に挑んだ。…

no image

西武中村が満塁3点二塁打 乱闘騒ぎ直後にダメ押し

山賊が混沌(こんとん)の一戦を制し2位を堅守した。西武オリックス19回戦(メットライフドーム)は、4回表に死球をめぐる乱闘騒ぎが勃発して警告試合に。西武中村剛也内野手(35)がその裏、得意の満塁機で走者一掃の3点適時二塁打を放ち、嫌なムードを打ち払った。…

no image

オリックス田嶋が乱闘後に死球退場 故意性など判断

オリックス先発の田嶋大樹投手(23)が警告試合での死球により、退場処分となった。 3点ビハインドの4回2死一、二塁から直球を森の右手付近にぶつけ、原球審から退場を宣告された。初回に5失点するなど終始精彩を欠き、4回途中被安打7で今季ワースト8失点(自責点5)と ……

no image

死球巡り乱闘騒然…オリックス佐竹コーチ退場処分

死球をめぐり乱闘となった。 5-1と西武リードで迎えた4回2死満塁、西武2番手森脇がオリックス若月に押し出しの死球を与えた。この日、チーム3つめとなる死球に若月が怒りを表すと、一塁コーチに入っていた佐竹学コーチ(44)がマウンドの森脇に詰め寄り、両手で胸を突いた。…

no image

ロメロ痛恨、筒香に満塁弾浴びる 5回途中7失点KO

中日の先発ロメロが4イニング3分の0でKOとなった。1点リードの5回に大量5失点。先頭打者・嶺井に死球を与えてリズムを崩したか、伊藤裕の中二塁打、大和の四球で無死満塁。神里の遊撃内野安打で同点とされると、なおも無死満塁から2番・筒香には1ボールからの2球 ……

no image

8球で初退場の吉田輝星「引っかけきれなかった」

1軍再昇格を目指す日本ハムのドラフト1位吉田輝星投手(18)が、わずか8球でプロ初の危険球退場処分となった。 西武戦に先発。1回、4球で簡単に2死をとったが、3番山野辺への4球目、144キロ直球が、ヘルメットのつばをかすめて死球となった。山野辺はすぐに立ち上がって ……